CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 秋 | main | やっぱりこの時期は食べ物よね! >>
芸術と美術、アートと美しい絵について
0
    JUGEMテーマ:

    芸術と美術の定義はあいまいで、色々と調べてみるとなかなか難しい。

    私の考えを以下述べてみたい。

    芸術とは、表現そのものとも言え、芸術と言われる茶道であれば、お茶の色や味などに特定されずに型や雰囲気全てを指すと思う。華道、日本料理においても出来上がったものそのものを含む雰囲気を指すのではないだろうか。
    日本の物ばかりを並べてみたが、人生も芸術だ、なんて言う人もいるが、それだって個体そのものも含めた存在とその生きていく過程を指すものだと思う。

    美術とは、芸術の範疇で表現された、ある時点に出来上がった『もの』なのではないかと思う。
    絵であれば絵そのもので、絵を描く過程は含まず、彫刻であっても制作する過程は芸術であっても出来上がったもの、と言った具合だ。
    これらは美術『品』と呼ばれ、また、芸術『品』とは、美術品を含めた特定の事象の表現されたものだと思う。
    (美術品と工芸品の違いについては話が広がって分かりにくくなるので書かないことにする。)

    そして、アートとは、と言われると私は芸術や美術の狭間のない表現のように思う。

    ***************

    これを踏まえて、美しい絵、と言われて想像するものは、なんだろうか?と考えてみた。
    どうやら私にとっての美術とは、美の術(すべ)を表現した『もの』らしいことが分かった。
    たまに、いわゆる美しいものとは言えないような、おどろおどろしいもの等を表現している作品もあるのだが、私にはどうにも違和感がある。

    美の術を制作するにあたって、そのテーマは、人の優しい心であったり、はかなさや嫉妬であったり、実際に存在する景色や花などの美しさであったり、沢山ある。
    常に素直な、客観的な気持ちをもって生活し、私なりの美のテーマを見つけ出していきたいと思う。


    ***************

    小難しい話は終わり。

    我が家のトイレの窓は秋になると結構美しい。
    型板ガラス(表面に凹凸があって中がはっきりと見えないようになっているガラス)を通して外の紅葉がいい感じにぼやけ、とてもきれいに見えるのだ。
    色々理由があって描いていなかったのだが、今年はやっと描く気になった。
    上手下手は置いておいて、気分が良く描けたので載せることにした。トイレの窓だけど。


    『窓』F6(410x330弌法.イルパステル

    また、家の近くにあったツタの色がとてもきれいだったので、一枚拝借して描いてみた。

    『ツタ』 SMサイズ(227x158弌法.イルパステル


    最後におまけ。
    新しい自画像。
    今日美容院に行ったしね。


    『自分』 ハガキサイズ オイルパステル
    | | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック